雑記

【コロナ禍の民泊運営事情】運営代行現場からお伝えします。

2020年11月15日

みなさまこんにちは!
ご無沙汰をしております。

(株)エアサポ民泊運用部 木村です。

 

コロナウィルスが世界を襲ってから数ヶ月。

今回は今年初旬のコロナ禍の始まりから現在まで民泊運営において、
どのような変化があったのか、
現場からお伝えをしたいと思います。

 

 

4月のロックダウンからまずやってきたのは、リモートワーク需要。

海外からのお客様に多くご利用頂いていた民泊や簡易宿泊所、
旅館業を取得した全国各地のアパートメントスタイルのお部屋。

 

日本でロックダウンが開始されてからは、
1名様でのリモートワーク利用が増加しました。

お子様のいらっしゃるご家庭や、
インターネット環境が揃っていないご自宅にお住まいの方など、
集中できる環境でリモートワークを行うのに民泊のお部屋はぴったり。

 

・リモートワークをきっかけにご実家のある場所へ帰省したい。
・せっかくのリモートワークなので気分を変えていつもと違う場所で仕事したい。

というご希望も多かったのが印象的です。

ポイント

都市部だけでなく、
地方のお部屋でも1名様での数週間〜1ヶ月単位のご予約が増えました。

 

お客様からの新しいご要望の合わせ弊社でも、
お仕事ができるデスクの設置や、
インターネット環境を旅に便利なポケットWifiからホームWifiへ変更するなど、
新しい取り組みも始めました。

 

リモートワーク利用で予約が多かったOTAサイトは?

弊社が運用代行をさせて頂いている物件、

ポイント

リモートワーク利用でのご予約は、
Airbnbからが最も多く、その次にBooking.com、
次がExpediaという順番でした。

 

 

6月頃から増え始めた、帰国者の自主隔離利用。

 

世界規模でロックダウンが進む中、

・海外でお仕事をされていらっしゃる方とそのご家族
・留学生、ワーキングホリデー中の若いお客様

様々なご事情で日本へ帰国されるみなさまから多くのお問い合わせが
ありました。

単身者の利用者様は、1Rタイプのアパート、
ご家族でのご利用は、大きめのマンションか戸建てのご要望が多く、
空港から近いお部屋や郊外のお部屋需要が高まった印象でした。

 

11月現在も量は減っているものの、
お問い合わせやご予約は続いておりますので、
今後も自主隔離でのご利用は継続していくのではないかと感じております。

 

 

そして秋、Booking.com、AirbnbのGOTOトラベル参画。

民泊や簡易宿泊所、旅館業を営むオーナー様へ朗報となったのがGOTOトラベル事業
Airbnbの参画が遅れるなど紆余曲折しましたが、
10月20日ついにAirbnbでもキャンペーンが開始。

 

弊社で運用をお任せいただいているお部屋も
キャンペーンに参加させていただいております。

飛行機や新幹線など交通費とセット割の印象が強いGOTOトラベルですが、
宿泊のみでも利用可能です。

交通費とセットだと確かにお得ですが、
お宿の選択肢がかなり限られてしまうのは痛いところ。
宿泊先のみじっくり、贅沢に、
ご自身にご希望の合った宿をご利用になるのも、おすすめです。

 

ポイント

弊社でもGOTOキャンペーン参加後、
少しずつグループでのご予約が回復してきました。

 

まだまだ先の見えないコロナですが、
コロナ終了後のインバウンド需要回復への準備と共に、

・新しいライフスタイルとして確率しつつあるリモートワーク、
・延長が検討されているGOTOトラベル、

新しい民泊需要への可能性も十分に感じる、
2020年初秋の振り返しでございました。

宿泊先を探されてる方も、
民泊や旅館業のお部屋を運営中のホスト様、
お気軽にご質問やご相談ください。

 

お待ちしております 🙂

 

担当:木村

TEL:03-6689-2000

Mail:support@air-sapo.com

 

-雑記
-, , ,

今すぐお電話を 03-6689-2000

Copyright© 民泊運用代行サービス・エアサポ-日本最大級の民泊代行実績- , 2020 All Rights Reserved.